アンチエイジング

ピーリング石鹸の利用と注意すべき点について

ピーリングは、固くなったまま皮膚表面に残っている角質層を剥ぎ取り、新しい皮膚を露出させるスキンケアです。
本来は、エステでしか受けられない美容ケアでしたが、近頃はピーリング石鹸を用いた家庭でのスキンケアも可能です。
お肌の新陳代謝を促進する効果はピーリングにはありませんが、本来あるべき新陳代謝にすることが可能だといいます。
適切なターンオーバーを維持することで、肌の若さをキープするということが、ピーリングの主旨です。

ピーリングは、酸や薬剤を直接肌に塗ることによって角質を溶かして肌表面をきれいにすることであり、ピーリング石鹸が用いられます。
ピーリングをエステでしてもらう場合、酸性の薬を使うのではなくて、レーザー光等の光線で皮膚の外側の部分を除去していきます。

ピーリング石鹸なら、エステに足を運ばずとも、自分でピーリングを施すことが可能です。
エステではなく、家庭用のピーリング石鹸でお肌のケアをしているという人は大勢いますが、独力でのピーリングは、把握しておくべきことがあります。
古い角質層をピーリングによって除去できれば、以後のお肌の状態は全く心配いらないと言われますが、決してそんなことはありません。
ピーリング洗顔料がジェルタイプなら、あまり気にする必要はないかもしれません。

ただし、洗顔にピーリング石鹸を使ったなら、皮膚に必要な角質層まで取り除いてしまう可能性も少なくありません。
バリア機能が損なわれることによってニキビが増えたり、悪化したり、ニキビが治った跡がひどくなるケースも多く見られます。

ピーリング石鹸は、皮膚をより若々しく、みずみずしくするために使い始めたとしても、皮膚に負担かけすぎてしまうこともありますので、よく注意をすることが大事です。